今度こそ幸せになりたい!!悪い男に引っかからないための5か条

恋人ができたと思ったら、実はろくでもない悪い男。
次こそは幸せになりたい!そう思っても選ぶ男性はまた悪い男だった…。
そんな悪い男性に引っかかりやすい女性はいるものです。
今度こそ幸せになりたい!悪い男には引っかかりたくない!
そんなあなたに、悪い男に引っかからないための5か条をお伝えします。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆様も是非参考にしていただければと思います。

その1「元カレに似ていない?」

悪い男に引っかかって、次こそは素敵な男性と出会いたい!
そう思っているのに、また悪い男に引っかかる。
もしかしたら、元カレに似た人ばかりを好きになっていませんか?
似ているといっても見た目の問題ではありません。中身の問題です。
普段はすごく優しいけれど、お酒を飲みすぎる癖があったり、ギャンブルに熱中しやすかったり…。もうこんな男はいや!と思っているに、気が付けば同じような男性のことを気にしてしまう。

もうそろそろそんなサイクルはストップしませんか?
同じような男性を好きになっていた目を見ているのですから、次は違うタイプの男性に目を向けてみましょう。元カレとの悪い経験を無駄にしてはいけません。
そろそろ男性を見る目を養ったほうがいいと思います。

その2「友人に紹介してくれる?」

付き合っても、なかなか彼の友人に紹介してもらえない。
街でばったり会っても、恋人ではなく友人と紹介される。それは、いい関係とは言えませんね。
大好きな彼女だった場合、友人には早く紹介したいと思うもの。
それなのに紹介しないということは、ほかに恋人がいたり、もしかしたら結婚をしているなんてことも。
中には、照れくさいからとなかなか紹介しない場合もありますが、それ以外の場合、真剣な付き合いではないと考えられます。
友人に彼女だと紹介してくれない男性は、この先付き合っていても幸せになれるとは思えません。
もしかしたら、都合のいい女になってしまっているかも。
紹介してくれない、関係を隠したがる男性とはちょっと距離を取ってみてはいかがでしょうか?

その3「約束は守ってくれる?」

デートの約束をしていたはずなのに、突然キャンセルされた。
約束の時間に平気で遅れてくる。それは普通のことと思っていませんか?
小さい約束を守れない男性は、基本的なことがなっていないということ。
もしかしたら、浮気をしても平気なのかもしれません。
いい男は、些細な約束でもきちんと守ってくれるもの。
あなたの話をしっかり聞いているから、約束も忘れることはありません。
約束を破ってもいい。
そんな風に思われているかもしれないあなたは、いいように使われているだけかも。
約束以外にも、いつもやらなきゃいけないことを後回しにするような男性も、ダメ男の可能性大。
やるべきことに何かと理由を付けて後回しにしているような男性は、変なポリシーがあるため、ほかの人からは理解不能な部分があるようです。

その4「安心できる?」

一緒にいても、なんだか不安。
悪い男といると、根拠もない不安を感じやすいものです。
言いたいことを言ったら嫌われそうでケンカもできない。
なぜだかずっと緊張して素の自分を見せることができない。
そんないつも不安を抱えた状態で、これから長く付き合っていけますか?
自分の思っていることを素直に言ったり、時には意見が食い違ってケンカをしてもお互いの意見を聞き合い解決できる関係。一緒にいると安心できて幸せを感じられる。
それが、これから先も一緒にいられる関係といえるでしょう。
一緒にいても安らげない。なぜか不安。そんな男性はあなたにピッタリの男性とは言えません。
将来を考えているのならなおさら、これからの関係を考えてみたほうがいいでしょう。

その5「愛されてるのが伝わる?」

2人の関係が一番盛り上がるのは、付き合う直前と付き合う初めのはず。
時間がたつと少しづつ気持ちは落ち着いてくるものですが、一番気持ちが盛り上がる時期に愛されている感覚がない。
それは、彼は悪い男認定といっても間違いはなさそうです。
ただの恥ずかしがりやということも考えられますが、ほとんどの場合、女性のことを大切に考えることが出来ていないのではないでしょうか?

好きな彼女に振られたからなんとなく都合の良い女性を都合よく使っている。
ただのアクセサリーだと思っている。もしかしたら、遊ばれているだけかもしれません。
愛が伝わってこない。
それは付き合っていくうえで大切に考えるべきことで、もし伝わってこない相手なら、まじめなお付き合いとは言えないのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?
今度こそ!と思っても、好きなタイプというものがあり、ついついいつも同じような男性に引っかかってしまいがち。
そろそろそんな自分に気づいて、幸せな恋愛を目指しましょう。

投稿日:2019.11.13