誰にでも優しい男性が好きな女性だけにする行動

いつ話しかけてもニコニコしていて穏やか。
困っているといつも助けてくれて、優しい声もかけてくれる。
誰にでも優しい男性っていますよね。
そんな男性にひかれてしまう女性は少なくないはずです。

でも、誰にでも優しいから、自分のことをどう思っているのかわかりにくいものです。
自分のことを好きで優しくしてくれていると思ったら、ちがう女性にも優しい。
いったい私のこと、どう思っているの!?
みんなに同じように優しくしていると思っていても、実はちょっと違いがあるものです。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆様も是非参考にしていただければと思います。

自分のことを話す

誰にでも優しい男性といえば、聞き上手。悩みや困っていることを根気強く聞いてくれる。
誰の話でもちゃんと聞いてくれる優しい男性ですが、自分が好きな女性にはちょっと違うかもしれません。
話は聞いてくれるのはもちろんですが、自分の話をしてくることが多いようです。

誰にでも優しい男性は話してくれることは聞きますが、自分のことを積極的に話したり、自分から質問することは少ないものです。
誰の話も聞くけれど、自分の話をするということは、もっと自分のことを知ってほしいという気持ちの表れ。
また、いろいろと質問をしてくる場合は、あなたのことをもっと知りたいと思っている証拠です。

連絡をまめにしてくれる

誰にでも優しい男性は、連絡が着た相手にも誠実に答えます。
適当に返信することはなく、きちんと対応してくれます。

とはいえ、男性は基本的にLINEなどをこまめに返信するのが苦手。
だから、気持ちがない女性にはもしかしたら同じような返信をしているだけかもしれません。
しかし、気持ちがある女性にはマメに連絡をしてくれるでしょう。

優しい男性は基本的にまじめです。だから、連絡が来たら返信はします。
でも、マメにしっかり返信するのは気持ちがある女性なのではないでしょうか?
しかも、相手の負担にならないようなペースだったり、内容ももちろん優しいものでしょう。

よく目が合う

優しい男性というのは、周りのことを良く見ています。
だからこそ、困っている人のことを見つけることができるのです。
でも、ただ周りを見ているのと、好きな人を見るのは違うと思いませんか?
誰にでも優しい男性でも、やっぱり好きな人のことは無意識に目で追ってしまうもの。
なので、彼からの視線を感じたりよく目が合うなんてことがあった場合は、あなたに気があるのかもしれませんね。

優しい男性というのは、意外と傷つくことが怖かったりするものなので、好きだなと思っても自分からぐいぐいいくことは苦手です。
好きだって思っても言い出せずに、ついつい目で追ってしまっているのかもしれません。
よく目が合うなと思ったら、あなたのほうから声をかけてみてはいかがでしょうか。

優しいだけじゃない

優しい男性は誰にでも優しくて、優しいこと以外はない。
そんなイメージですよね。どんな時も優しくて、怒ったりしない。
でも、優しい男性だって厳しいことを言うときだってあるんです。
誰にでも優しい男性に怒られたり厳しいことを言われたら、自分は嫌われているんだな…。と思いがちですが、もしかしたらそれは逆かもしれませんよ。

どんな男性も興味のない女性のことはよく知りませんよね。
良く知らない女性に厳しいことを言うのは、優しい男性ではありません。
あなたのことを良く見ているからこそ、こんなのあなたらしくないと厳しいことを言っている可能性があります。
また、男性は好きな女性にはちょっと意地悪をしてしまうってことありますよね。
もしかしたら彼もそうなのかもしれません。
厳しいことを言われたからって落ち込まないで。
彼がどんな気持ちで行ったのかを一度考えてみるといいのかもしれません。

個別に誘ってくれる

誰にでも優しい男性は、もめ事や、周りからいろいろ言われることもあまり好きではありません。
だから、誰かを個別に誘うというよりは、じゃあみんなで飲みに行こうかなど、大勢を好む傾向もあります。
しかし、個別に「一緒にご飯に行かない?」
などと誘ってくれる場合、あなたのことを特別に思っている可能性が高いです。

優しいから誰でも誘っているかもしれないと不安になるかもしれませんね。
もしほかの女性に誘われて断り切れずに2人で出かけたことはあるかもしれませんが、自分から誘うというのは、気持ちがあると考えていいと思いますよ。

まとめ

いかがでしたか?
誰にでも優しいといっても、彼も一人の男性です。
好きな女性には他の人には見せない特別なサインを送っているはずです。
ちょっと気が付きにくいサインかもしれませんが、彼のことを良く見ていると気が付くのではないでしょうか?

誰にでも優しくしている彼に嫉妬してしまうから見たくない!ではなく、そんな優しい彼のことを良く見てみてあげてくださいね。

投稿日:2019.09.30