もっと愛されたい!!彼の気持ちを揺さぶるコツとは?

もっともっと彼に愛してほしいのに、彼はなんだかそっけない・・・。
男性で恋愛のことばかり考えているという人は少ないかもしれませんが、それでも、自分のことをもっと見てほしい!
そっけない彼には、彼の気持ちを揺さぶってみるのが一つの方法。
彼の気持ちを揺さぶることができれば、彼の気持ちを高めることができるかもしれません。

交際クラブ・デートクラブの男性や彼に、もっと愛されたい女性のために、
男性の気持ちを揺さぶるコツを紹介します。

自分のことをもっと話させる

好きな人といると、自分のことをもっと知ってほしい!
と、ついつい自分のことばかりを話してしまっていませんか?
しかし、それでは男性は楽しいと感じられていないかもしれません。
彼がそっけない態度なら、むしろ、男性は苦痛と感じているかもしれません。
男性の気持ちを高めたいのなら、自分のことを話すよりも、彼の話をたくさん聞くことです。

男性は自分の話をすることで気持ちも高まり、話をたくさん聞いてくれる女性と一緒にいることを楽しいと感じてくれるはずです。
一緒にいて楽しい!と思ってもらえるように気持ちを揺さぶることができれば、また会いたい!
もっと一緒にいたい!という気持ちになるはずですよ。

2人の時間を多くする

たくさんの人数でわいわいするのも楽しいですが、異性と2人っきりという状況は、ドキドキしたり、意識したりしてしまうものです。
また、周りに誰かがいると、恥ずかしくて素直な気持ちを出すことができないという場合もあります。
2人っきりなら周りの目を気にすることなく、気持ちを伝えたりすることができますよね。

また、逆に人がいるところで女性からイチャイチャされるのを嫌がる男子も多いもの。
2人っきりになれる時間を多くして、お互いが素直になれる時間を作ってみてはいかがでしょうか?
2人の時間が楽しく幸せな時間になれば、彼にもっと愛される女性になれるはずです。

もっと彼に触れる

ボディタッチは、男性をドキッとさせる効果が高いことが知られています。
その効果をフル活用しましょう。
ただ、べたべたとあからさまに触るのはNG。逆に男性が引いてしまうことも考えられます。
「おはよう!」といって、腕をチョンと触ったり、物を渡すときに軽く手が触れるようにするくらいがおすすめです。

逆に男性に触らせるのも効果的。
「私の手、小さいでしょ?」
「意外に筋肉あると思うんだ」
などと、自然に男性が触れられるようなシチュエーションを作ってみましょう。
体にさりげなく触れた瞬間に、男性は女性らしさを感じ、ドキッとするようですよ。

絶妙な距離を保つ

あまり恋愛に興味がない男性にも効果的なのが、絶妙な距離感。
あまりぐいぐい来られるとひいてしまいがちですが、なんだかいい感じな気がして、もう少しって時なはずなのに、なかなか距離が埋まらない・・・。というもどかしさが、彼の心を揺さぶるのです。
男性は追いかけられるよりも追いかけるほうが燃えるもの。
自分に少し好意があるかもという場合には特に、追いかけさせるような距離感を保ちましょう。

お付き合いをしている関係でも、自分からばかりぐいぐい行くのでは、男性は逃げたくなってしまいます。
ぐいぐい行ったと思ったら、ちょっと引いてみる。
会う機会が多くなったら、たまにちょっと時間を空けてみる。そんな距離感を保ってみるのも、彼の気持ちを燃え上がらせる方法の一つですよ。

頼りにする

男性は頼りにされるとうれしいもの。
実際、自分のことを頼ってくれる女性のことはかわいく見えるし、ほかの女性とは違って見えるようです。
小さなことでも困ったときには真っ先に頼るようにすると、「俺が守ってあげなくちゃ」という気持ちとともに、恋愛の気持ちも盛り上がることも考えられます。
自分の弱い部分見せるのが苦手という方もいるかもしれませんが、仕事で落ち込んだときなどに、「ちょっと落ち込んじゃってて・・・。話聞いてもらえる?」などと、彼を頼ってみてはいかがでしょうか?

もう一つ効果的な頼り方は、女性を意識させること。
「これ、開かなくて・・・。開けてもらえる?」と、力がない女性をアピールすることもなかなか効果的ですよ。

まとめ

いかがでしたか?
恋愛にあまり興味がなくても、気になる女性のちょっとした言葉や行動は気になるはずです。
好き好きとぐいぐい押すだけが気持ちの伝え方ではないということをまず理解しましょう。
恋愛にあまり興味がない男性にとっては、逆効果となる場合もあります。
ちょっとしたことで男性の心を揺さぶることができれば、きっと彼もあなたのことが気になり始めるはずですよ。

あなたのことを気になり始めたら、逆に男性のほうがあなたのことを追いかけるようになってくるかもしれませんね。
上手に男性をどきどきさせて、心を揺さぶってみてくださいね。

投稿日:2019.03.05