女友達や職場の同僚女子との急展開もあり?LINEやメールで胸キュンさせるコツ

男性の方の中で、普段は女友達としてや職場の同僚などの女性に対して、かわいいなとかちょっと気になっているなと思ってるけど、なかなかそれ以上の進展は望めないなと感じている人はまわりにいないでしょうか?
女性側としては意外性のある態度や急展開に対してドラマチックな感覚や、いわゆる胸キュン要素を感じることが多いようです。

これらの心情をうまく活用することで、もしかしたらあなたの周りにいるちょっと気になる女子たちと恋愛したり、最低でも今よりはもっと親密な仲になれる可能性があるかもしれません。
女性との関係性を深めるコミュニケーションツールのひとつとして、メールやLINEなどで連絡を取る方法が一般的でもっとも多用されているツールです。
まずは大前提として、相手の連絡先となるLINEアカウントの交換やメールアドレスの取得など、事前にゲットしておきましょう。
その上でLINEやメールをつかった文面によって、相手にも自分のことを意識させることができ、かつ恋愛的感情を芽生えさせるようなときめく内容文をどうのような形で送るのが効果的なのでしょうか?
今回はそんなLINEやメールを使った、胸キュンテクニックやコツなど、どんなものがあるのか調べてみました。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆様も是非参考にしていただければと思います。

女らしさを感じている魅力を伝える

普段女友達として接している女性や、職場の同僚の女性などだと、本人たちからするとあなたから異性として意識されたり、そういった目で見られているとは当然思っていませんし、女性側も異性としては意識していないことがほとんどです。
しかしLINEやメール文面の中で、さりげなく女心をくすぐるような言葉をかけてみると意外な反応をみせてくれることがあります。

例えば女友達であれば「意外とかわいいところあるね」と女性らしい性格だったりおめかしして見た目も努力している様子を褒めてあげると喜ばれますし、そんな風に評価してくれてたんだと意外性も感じさせることができます。
また職場の同僚でしたら、普段会社で会う時には制服や私服でも地味目なものだったり、作業しやすい恰好などで本来のファッション的要素を感じさせないケースが多いので、例えば相手の私服姿をみてみたいと懇願してみたり、こういう服装だったら●●さん似合いそうだな~など、プライベートな相手の様子を想像していることをさりげなくアピールすると、異性としてもちゃんと見てくれているんだと勝手に女性側が気づいてくれることがあります。
もちろんそのままスルーされることもあるでしょうが、もしそれらのきっかけとなるエサにひっかかったらそこからたたみかけてみても進展につながる可能性はあるかもしれませんね。

自分の胸の内を相談してみる

男性のプライベートな部分だったり、悩みを抱えている姿や弱みを見せると女性は胸キュンすることが多いです。
女友達であれば親しい仲でしたら悩みの相談などは普通にできる関係性であれば、あまり効果を発揮できないかもしれませんが、その女性に対して「頼りにしている」とか「信頼している」感をより強調してアピールすれば、それに応えてくれようと親身になってくれるはずです。
そのことがきっかけでより親密な関係を築き、お互いがかけがえのない存在へと大きく変わっていくことで結果的に恋愛に発展していくケースも少なくありません。

また職場の同僚女性でしたら、よっぽど仲良くならないとプライベートなことはあえて悪いと思ってあまり話さないことが多いですし、そもそも興味ももってくれないというケースもありますが、相手の出方次第ではその考え方も意外性から徐々に見かたが変わってくる傾向があります。
この心理をうまく活用すると、職場の同僚としか見られてないと思っていた男性から、恋愛やプライベートな相談事を持ちかけられるような行為は、刺激的なことであり意外性もあるため、多少なりとも一人の女性として意識されている存在なのかも?とその男性のことを逆に気になりだす可能性があります。
職場恋愛のきっかけはそんな些細なことから徐々に発展していくケースが多いようです。

さりげなく気遣いを感じさせてくれる内容

例えば女友達を交えて数人でとか、会社の同僚仲間などで集まって飲みに出かけることはよくあるシーンですよね。
実際の現場では楽しく友人や同僚として飲むだけなので、特に異性として意識はするきっかけはないかもしれませんが、帰り際などでさりげなくエスコートしてくれたり、一人じゃ心配だからと見送ってくれたり、さりげなく「女の子扱い」される男性からの行為に胸キュンしてしまう女性が多いようです。

他にも体調を気遣ってあげるような行為も、女性に好感を持たれやすい印象が強くなります。
それだけ相手の様子を良く見てくれているという認識とさりげない優しさなど、女性にとっては特別扱いを受けるような印象を受けるとともに、胸キュンポイントも高いようですね。
LINEやメールで何気なく「元気だしてね」とか「何かあった?」など、相手の女性を気遣う内容でさりげなく気にかけていることをアピールして、女性側にも意識してもらうようにがんばってみるのもいいかもしれませんね。

投稿日:2018.12.04