送り狼!?「家まで送るよ」としつこい人への対処方法

あなたのまわりに、「家まで送る」としつこく声をかけてくる人はいないでしょうか?
会社で帰る方角が同じの人の場合、断りにくいことがありそうです。帰り道を心配し、親切心で言ってくれている場合もあるでしょう。
送り狼とまでいかなくても、やたら送りたがる人への対処方法を教えます。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆さまも参考にしてみてくださいね。

「家まで送る」と言われた場合の上手な断り方

■「彼が迎えに来てくれます」
あなたに付き合っている恋人がいれば、この断り方がベストでしょう。
ニコニコと笑顔で恋人のお迎えをうれしそうに語れば、次から家まで送りたいとの声はかからなくなります。
ほかにも、「彼と待ち合わせをしている」などで応用できそうです。

■「ほかに寄るところがあります」
家にまっすぐ帰らずに、ほかに寄り道をして帰る方法です。
コンビニとかファストフードなどで、寄り道をしてから帰るようにすると良いでしょう。
毎日違ったコースで帰るようにすれば、会社で帰る方角が同じの人が減るのではないでしょうか?

■「用事があるので」
用事があると言われれば、多くの男性は無理に送っていくとは言わないでしょう。
なかには、「どんな用事!?」とつっこんで聞いてくる人もいそうですから、その先まで考えておいたほうが良さそうです。
いちいちどんな用事か説明する必要はありませんけど、口先だけで適当なことを言うのはやめておきましょう。

■「友達と約束があって」
「今から友達と会う」と言えば、家まで送られずにすみそうです。
相手に嘘だと思われないように、会社帰りに友達と待ち合わせをしておいたほうがいいかもしれません。
適当なことを言うと、あとで嘘をついたと指摘されることもあるようです。

■「○○さんを送ってあげてください」
自分以外のほかの人を送ってほしいと、他人を推薦する方法です。
すぐに推薦できるように、何人か同じ方向に帰る人の候補を選んでおいてください。
何人か紹介しているうちに、気軽に送ろうなどと声をかけてこなくなるでしょう。

家まで送りたがる男性の心理

■親しくなりたい
一人暮らしのあなたを家まで送りたがる男性は、気があるのかもしれません。
おそらく、自分は優しいというジェントルマンアピールでしょう。
あなたも相手に好意がある場合は、あとからメールなどでお礼を言っておきましょう。

■告白したい
車の中ならふたりきりになれそうですから、そこで告白されることもありそうです。
あなたも彼のことが好きなようなら、良いチャンスと言えます。
そうでない場合は、「車に酔う」などの理由で断ったほうが良いでしょう。

■家に寄りたい
家まで送ったときに、「家に寄っていきませんか?」と声がかかることを期待して送る場合があるようです。
お茶ぐらい飲ませてくれるだろうと考える人もいそうです。
そうなることを予想して、家の手前のコンビニの前などで別れましょう。

■親切心で
残業で遅くなったような場合に、「一人で帰らせるのは心配だから」という親切心で送ってくれる人がいます。
普段から誰に対しても親切な人であれば、それは本当に親切な人でしょう。
信用できる人なら、たまに送ってもらっても良さそうです。

■ついでだから
帰る方向が同じな場合、「ついでだから送っていこう」という考えはおかしなものではありません。
この場合も、普段から相手の性格がわかっていれば、途中まで一緒に帰ればいいことです。
同じ方向の人が3人ぐらいいる場合は、ほかの人も誘いましょう。

まとめ

好きな人に「家まで送る」と言われた場合は、ありがたく送ってもらうところでしょうけど、そうでない場合は断るのに苦労しそうです。
実家暮らしならともかく、一人暮らしの女性の場合などは、家の場所を知られると困ることもあるでしょう。
「家まで送る」と言われた場合の断り方ですが、付き合っている恋人がいる場合は、彼を言い訳にするのがいいかもしれません。彼に誤解されても困りますから、十分な理由になるでしょう。
「あなたに送ってほしくない」的なことを言うと角が立ちますから、「ほかに寄るところがある」などと言ってやんわりと断るのが無難でしょう。

とくに「車で送る」と言われた場合などは、車の中で男性とふたりで過ごすというのも気づまりなものです。
その場合は、「車に酔いやすいもので……」などと言って断るのがいいかもしれません。車で送ってもらうのは、何か特別な事情がある場合でしょう。
上手に断ろうとして「散歩しながら帰る」などと言うと、「一緒に散歩したい」と言われた場合に断るのが難しくなります。
このような押しの強い男性の場合、気が強くないと断るのがたいへんです。笑いながら、「散歩のコースを決めているので」などと言い返す必要があります。
「家まで送るよ」と声をかけてくれる男性の中には、帰り道の危険を考えて言ってくれている男性もいます。親切な男性なのかどうか、普段の言動から見極めることでしょう。
社内に帰る方角が同じな人がいる場合、途中まで一緒に帰るのは仕方のないことです。どうしても一緒に帰りたくない場合は、帰宅のルートを変えるなどの対策を練る必要がありそうです。
パパや会社の人の家を知られたくないという交際クラブ・デートクラブをご利用の女性の方は、上手にお断りしてくださいね。

投稿日:2018.09.10