パパ活に慣れてしまうと怖い就職への影響

パパ活をする学生がとても多くなっている中、1つ懸念されていることがあります。それは就職に対する影響です。学生時代にパパ活で大金をもらえるようになると、普通に働くのがどうしても馬鹿らしくなってしまうこともあります。
中には専門学校や大学を卒業してからもパパ活頼りとなっており、就職はしないという女性もいるほどです。確かにパパ活で稼げている時期は「このままでも良い」と思えるかもしれません。しかし、パパ活は就職などへの影響も大きいため、自分という軸をしっかりと持っておくことが必要となります。
実際にパパ活は永遠に続けられるものではありません。10代や20代は需要もとても大きいですが、それが30代や40代となると減っていき、最終的には50代になる頃にはあまり相手にされなくなってしまうでしょう。
だからこそ、本業と副業に分けて考えていくことも必要です。どうしても就職というよりも仕事などの価値観などを変えてしまうこともあるので、これからパパ活するという人はもちろん、すでにパパ活しているという人も注意するようにしてくださいね。
ここからはパパ活がもたらす就職への影響について紹介しますので、ぜひぜひ参考にしてみてください。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆様も是非参考にしていただければと思います。

働く意味がわからなくなるかも

パパ活はうまくいけば楽に大金をゲットすることもできます。それこそデートをするだけで、月に何十万円も何百万円も稼ぐ人がいたりします。それは稀な成功例ですし、失敗例を挙げればきりがありません。
しかし、少なくともパパ活では万単位でお金をもらうこともできます。そうなってくると、どうしても働く意味がわからなくなってしまうことがあります。パパ活すれば数回で月収分を稼ぐこともでき、半年もやっていれば年収分を稼ぐこともできるかもしれません。そうなれば、普通に就職して働くというのが、どうしても馬鹿らしくなってしまうのです。
最初は「そんなことにはならないよ」と思うかもしれませんが、事実としてどうしてもパパ活と比べてしまうようになります。これは就職してからもそうですし、すでに就職していても感じることです。
一度仕事に対しての成果などが見えなくなってしまうと、目に見えて成果が出るパパ活を優先してしまうことが多くなってしまうのです。そこは気をつけておくことが必要となるのではないでしょうか。

金銭感覚がおかしくなるかも

就職への影響として考えておきたいのが、金銭感覚です。中には他の働いている同僚や部下や上司に対して、お金のことでズレを感じることも多くなってきます。他の人たちはランチも500円~1,000円で済ませる人が多い中、自分だけ何千円もするようなランチをするということもあったりします。
そういう世間からのズレに気づけば良いですが、中には気づかずにずっとそのままという人もいたりします。それでは結果としてもあまり良い方向には進まないと言えるでしょう。就職とはまた違ったところかもしれませんが、これも働いてから大きなギャップに繋がってしまうことがあるので注意してください。
なお、金銭感覚は一度ズレてしまうと、なかなか戻りにくいと言われています。そのため、十分にそれらにも配慮しておくことが必要となってくるのではないでしょうか。少なくとも自分の金銭感覚は正常に保てるよう、しっかりと考えて行動するようにしてみてください。そうすることによって、就職してからも影響を受けることは少なくなります。すでに就職している人は、影響を受けないように自分の軸を持っておくようにしましょう。
そうすれば、他の人とギャップを感じることも少なくなるのではないでしょうか。

人間関係がうまくいかないかも

人間関係があまりうまくいかなくなるのもパパ活の弊害と言えます。交際クラブ・デートクラブなどで出会うパパというのは、一般の人たちよりもかなりハイクラスです。そのため、それらの人に比べるとどうしても職場の人たちはレベルが低く見えてしまうということもあったりします。
そこはあまりにも態度に出してしまうと、就職してから孤立してしまうこともあります。また、すでに就職している人は「あの人ってなんか変わったよね」と言われてしまうということもあるかもしれません。
そこは交際クラブ・デートクラブだけではなく、他の出会いツールを使ったパパ活でも同様です。しかし、交際クラブ・デートクラブはやはりレベルも各段に違ってくるので、そこは十分に人間関係を保てるよう、自分で工夫することが必要となってきます。

まとめ

パパ活をしていると就職への影響も出てきます。
自分の感覚が世間とズレてしまうこともあるので、そこは自分の感覚が正常なのかどうかというところもしっかり見極めておくということが必要となってくるのではないでしょうか。くれぐれもまずは自分の中でより大切にしたい指標を持っておくことをおすすめします。そうすることによって、より就職の影響も受けにくくなっていくでしょう。

投稿日:2019.09.24