交際クラブ・デートクラブの女性からデートのお誘い|傷つけない3つの断り方とは

交際クラブ・デートクラブを利用していると、多くの素晴らしい女性達との出会いの場を提供してもらえることは嬉しいのですが、マッチングが完了すると、その後は自由恋愛ということになります。

多くの女性と交際してしまうと管理が大変に

デートセッティングが完了して、初デートということになると、2回目のデートに繋がらない可能性もあるので、とにかくまずは多くの女性にオファーを出した方が、早く深い関係になる女性を探せるのですが、その後が問題になります。

一度うまくいってしまうと、交際クラブ・デートクラブの作法と言うか、やり方に慣れてしまうので、男性の方が「クラブのコンシェルジュに、たくさんの女性とデートをセッティングしてもらったけど、2回目に繋がるのはこれくらいかな?」

というような予想を立てても、予想外に「今日は本当に楽しかったです!次のデートも楽しみにしていますね?連絡先を渡しますから、予定が決まったら教えてください!」というような事態になるかもしれません。

そうなると、嬉しいという気持ちよりも、スケジュール管理が大変なことになってしまいますので、ある程度の女性とのデートを待ってもらうとか、キャンセルする必要が出てきます。

デートに誘われたら傷つけないような断り方を

連絡先を交換した女性の方から「@@の日は空いていますか?よければ一緒に、ディズニーランドに遊びに行きたいんですけど」というようなお誘いが来たとします。
しかし、男性としてはそれほど情熱的にアプローチをした女性ではないので、断りたいと思った場合、相手を傷つけないような断り方を考える必要があります。

ストレートに「他に連絡先を交換した女性がいて、その人とデートをする予定だから、その日君とデートをするのは難しい、他の日も別の女性との予定があるから、これからも予定が空くことはないだろう」ということを言ってしまうと後が大変。

ですから、できるだけ女性を傷つけないための断り方をする必要があります。

スマートなポジティブさでうやむやにしてしまう

デートを断るための最もスマートな方法としては、断らないでうやむやにしてしまうという方法です。
やり方は、女性の方がデートを提案してきたら「こっちも君を誘おうと思っていたんだよ!だけどその日は仕事の予定があるから、次のデートは私が誘うことにするから、それまで待っていて!」

という風に、女性からお誘いが来たことに、とても嬉しそうな雰囲気を出して、男性の方からもデートに誘おうと思っていたこと、しかし予定が入っていけないこと、こちらからデートに誘うことを伝えるのです。

これをやられると女性は嫌な気持ちになることはありませんから、非常にスマートな断り方です。
しかも「今度はこちらから誘うよ」ということを言っているわけですから、いつデートに誘うのかということは、男性に委ねられているわけです。

「私の方から誘うから、連絡が来るまで待っておいてよ」と、男らしさを見せることもできます。
他の女性達とうまくいったのであれば、連絡をする必要がなくなりますし、うまくいかなかったのであれば、保留にしていた女性を誘うことで、効率的に交際クラブ・デートクラブを利用することができるのです。

なかなかえぐい手段だと感じるかもしれませんが、女性は結構こういう方法を使って、恋愛を楽しんでいますので、男性もこのような考え方がある、ということを知っておいていいと思います。
こういうことに抵抗感がある人は、他の方法を紹介します。

他の日だったら空いているけど大丈夫?

「ごめん、その日はどうしても用事があるからいけないんだよ、@@日だったら空いているから@@日にディズニーランドに行かない?」というような返事の仕方もあります。

ただ、これには当然デメリットがあって、女性の提案してきた日はキャンセルすることができますが@@日のデートに、女性がオッケーをしてしまうと、結局はデートをしなければいけない状況に。

この断り方は、はっきりと断ることができない方法ですが、上の方のやり方がどうしても抵抗感がある、という方にとってはおすすめです。
女性が「分かった!それじゃあ@@日に変更ね!今からすっごい楽しみ!」という返事をしてきたら、もう断れる雰囲気ではなくなってしまいますので、それを分かった上で使ってみてください。

男性が楽しいと思うところにデート場所を変更してもらう

最後に紹介するやり方は、スマートさが若干ないかもしれませんが、女性が楽しいと思うところではなくて、男性が楽しいと思うところに、無理やりデート場所を変更してみるというやり方です。

例えば「この前は君が楽しいと思う場所に行ったから、今度は私が楽しいと思う場所にデートをしていいかい?私は釣りがものすごく大好きだから、君と一緒に釣りを楽しみたいと思っていたんだよ」というような誘い方です。

釣りを趣味にしている女性はほとんどいないと思いますし、あまり女性が好みそうな趣味ではないので、かなりの確率で断ってくると思います。
ただし、説明の通りに、あまりスマートなやり方ではないので、女性との関係がこのやり取りで終わってしまうかもしれないという危険性があります。

投稿日:2019.07.12