有名人にはパパがいるのが当然?コートニー・ストッデン16歳当時のパパは51歳!?

海外セレブの恋愛はパパ活の出会いから始まっているの!?と言うくらい、パパ(シュガーダディー)がいるのが当然のようです。
今回はコートニー・ストッデンさん(モデルで歌手、女優でもあり、動物を倫理的に扱わなければいけない、ということに使命感を感じている人達の集まりである、PETAのスポークスマン。)のパパとコートニーのカップルから、海外のパパ活事情を見ていきましょう。交際クラブ・デートクラブの会員さまも参考にしてみてください。
コートニーさんは、美人コンテストに参加したのをきっかけに、自分と35歳は年齢が離れているシュガーダディーとの運命的な出会いを果たしました。
それは、現在58歳になった俳優のダグ・ハッチソン(Doug Anthony Hutchison)さんです。
彼はXファイル第1シーズンのユジーン・トゥームズ役で一躍有名になった人物で、映画俳優としても活躍しています。
なぜコートニーさんがこれだけ年齢が離れた男性と、関係を深めていこうと思ったのかというと、彼女は本当の父親から満足するような愛情を、向けられたことがないというような、愛情不足を感じていたからだそうです。

父親の愛情を感じ取れなかったダディ・イシューズ(daddy issues)

このような父親の愛情を感じられなかったために、セレブが多く登録しているマッチングなどでパパ活をすることによって、父親に近い年齢の男性から好意を向けられることによって、幸せを感じる女性というのは結構多いそうです。
そのような人たちのことは、ダディ・イシューズ(daddy issues)というように呼ぶそうです。
日本でも高級な交際クラブ・デートクラブを通して、出会う年上男性から好意を向けられ幸せだと感じるダディ・イシューズな女性達が結構います。
コートニーさんも父親との関係がうまくいっていないために、まるで父親のような包容力を持っていたDoug Hutchisonさんに、惹かれていったのでしょう。
彼女は自分の父親のことを愛しているようですが、彼女の父親はコートニーさんが言うことを聞かないと「君にはしつけが必要だと感じる。
何時間か倉庫の中に閉じ込めて、反省することが君には必要みたいだ」と言うようなポリシーを持っているそうなので、もう何年も直接会って、コミュニケーションをとるなどはしていないそうです。
これは主観的な見方ですが、コートニーさんは現代に蘇ったマリリン・モンローのようなルックスやスタイルをしているので、父親としてはなるべく自分の娘を清く正しく成長させたい、という思いが暴走してしまったのかもしれません。

カルフォルニアのビーチを満喫するコートニーさん

当時51歳だったのにもかかわらず、16歳のコートニーさんと深い関係になったDoug Anthony Hutchisonさんは、当然ながらかなりのバッシングを受けましたが、コートニーさんへのバッシングもかなりのものです。
しかしながら、それはコートニーさんが年齢に似合わずあまりにも魅力的すぎるから、というような一面もあるかもしれません。
「あんな美人でスタイルの良い女性を、彼女の父親よりも年上の男性がかっさらっていくなんて・・・理不尽すぎる!」というようなやっかみもあるのでしょう。
ビーチ波打ち際
そんなコートニーさんは、Hutchisonさんと関係が良好なときには、カルフォルニアのマリブビーチでゴシップ記者たちが、特ダネを取ろうと待機しているのにもかかわらず「そんなことは全然気にしない、後にアピールタイムになるわ!」
とばかりに、魅力的なボディーラインをわずかな白とピンクが混在しているビキニで覆って、砂浜で歩いているのにもかかわらず、まるでつま先立ちをしているかのようなハイヒールサンダルを履いて、Hutchisonさんとのデートを楽しんでいました。
自分たちがゴシップ雑誌の記者たちから注目を集めていることを理解しているのか「今からショーを始めるから綺麗に撮ってよ」と言わんばかりに、カメラを意識した立ち振る舞いを行います。
髪を書き上げながら、菜食主義者のためのビーガンクックブックを読んでいます(彼女は菜食原理主義者と呼んでもよいくらいに、肉食を嫌悪していて、ハンバーガーなんて今まで手に持ったこともない、というような発言をしていたり、本人のTwitterには動物を残虐に扱う人たちの動画を紹介していて、はやく私のように、菜食主義になりなさいという啓蒙活動を行っている)
ほかには、彼女は女性らしくピンクが好きなのか、ビキニもピンクなのですが、バックもビキニと似たようなストライブが入った白とピンクの色をしていたり、日焼け止めスプレーの缶もピンクだったりなど、かなりのこだわりを見せています。
そしてその日焼け止めスプレーを、体にしっかりとかけるため、膝立ちになった状態から、上を向きながら顎を上に突出して、スプレーを吹きかけていました。
その姿はテレビのCMだったら、スプレーを吹きかけた直後、それを見ていた男性が「なんて素晴らしい女性なんだ・・・あまりの美しさに声をかけるタイミングを逃してしまった!この思い出は寝るときでも消えることはないだろう!」という感じで、ものすごい顔芸をすること間違いないでしょう。

カルフォルニアのビーチを満喫するコートニーさん

当時51歳だったのにもかかわらず、16歳のコートニーさんと深い関係になったDoug Anthony Hutchisonさんは、当然ながらかなりのバッシングを受けましたが、コートニーさんへのバッシングもかなりのものです。
しかしながら、それはコートニーさんが年齢に似合わずあまりにも魅力的すぎるから、というような一面もあるかもしれません。
「あんな美人でスタイルの良い女性を、彼女の父親よりも年上の男性がかっさらっていくなんて・・・理不尽すぎる!」というようなやっかみもあるのでしょう。
そんなコートニーさんは、Hutchisonさんと関係が良好なときには、カルフォルニアのマリブビーチでゴシップ記者たちが、特ダネを取ろうと待機しているのにもかかわらず「そんなことは全然気にしない、後にアピールタイムになるわ!」
とばかりに、魅力的なボディーラインをわずかな白とピンクが混在しているビキニで覆って、砂浜で歩いているのにもかかわらず、まるでつま先立ちをしているかのようなハイヒールサンダルを履いて、Hutchisonさんとのデートを楽しんでいました。
自分たちがゴシップ雑誌の記者たちから注目を集めていることを理解しているのか「今からショーを始めるから綺麗に撮ってよ」と言わんばかりに、カメラを意識した立ち振る舞いを行います。
髪を書き上げながら、菜食主義者のためのビーガンクックブックを読んでいます(彼女は菜食原理主義者と呼んでもよいくらいに、肉食を嫌悪していて、ハンバーガーなんて今まで手に持ったこともない、というような発言をしていたり、本人のTwitterには動物を残虐に扱う人たちの動画を紹介していて、はやく私のように、菜食主義になりなさいという啓蒙活動を行っている)
ほかには、彼女は女性らしくピンクが好きなのか、ビキニもピンクなのですが、バックもビキニと似たようなストライブが入った白とピンクの色をしていたり、日焼け止めスプレーの缶もピンクだったりなど、かなりのこだわりを見せています。
そしてその日焼け止めスプレーを、体にしっかりとかけるため、膝立ちになった状態から、上を向きながら顎を上に突出して、スプレーを吹きかけていました。
その姿はテレビのCMだったら、スプレーを吹きかけた直後、それを見ていた男性が「なんて素晴らしい女性なんだ・・・あまりの美しさに声をかけるタイミングを逃してしまった!この思い出は寝るときでも消えることはないだろう!」という感じで、ものすごい顔芸をすること間違いないでしょう。

マリリン・モンローを強く意識するコートニーさん

コートニーさんはマリリン・モンローのファンというか、彼女と自分を重ね合わせているような節があるので、彼女の持っているタオルには、マリリン・モンローがプリントされたタオルがあります。
別にそれは彼女の物なわけですから、どのように彼女がそのタオルを使おうとも自由なわけですが、それをゴシップ記者が見ている前で、マリリン・モンローがプリントされたタオルを砂浜に敷いて、その上に彼女が寝転ぶわけですから、いらぬ論争を読んでしまうのでしょう。
交際クラブ・デートクラブの会員さまは海外のパパ活事情も今後の活動の参考にしてみてはいかがでしょうか。

投稿日:2019.06.14