パパ活上手が嗅覚全開で気をつけている会話の地雷

交際クラブ・デートクラブで良い男性と出会ってパパになってもらおうと思っても、会話の中で地雷を踏んでしまうこともあります。交際クラブ・デートクラブの男性は、一般的な男性と違いハイクラスな方ばかりで、こだわりが強い人が多い傾向にあります。
そのため、ちょっとした言動によって、男性が不快感を抱くということもあるかもしれないのです。例えば、まったく知識がないのについうっかり男性の話に合わせようとしたり、流して聞いていると、男性によっては「僕に興味がないんだな」と呆れられてしまうこともあるかもしれません。

こだわりがより一層強いハイクラスな男性ばかりなので、交際クラブ・デートクラブでデートする時には、男性との会話で地雷を踏まないようにしたいところです。ここではそんな話について紹介します。
意外と話をしている間に、男性から「この女性はないな」と外されてしまうということがあります。一度候補から外されてしまうと、もうお誘いを受けることはなくなるのではないでしょうか。お誘いがあれば受けるという女性が多いですが、そもそもお誘いを受けなくなってしまったら終わりだと思いましょう。

会話は危険な地雷原

会話には色々な危険が潜んでいます。まず、男性にとって何が譲れないことなのかについて理解しないと、地雷原の中を不用意に歩いてしまうことになります。もちろん、交際クラブ・デートクラブにいる男性は心に余裕がある人ばかりなので、ちょっとしたことでは怒らない人が多いでしょう。
しかし、嘘をついて話を合わせたり、変に気を遣って話を盛ったりするのは、あまり好まれません。特に女性はそういう傾向が強いため、男性も気づいてしまうことがあります。そうなると、気に入ってもらうということからは遠のいてしまうこともあるでしょう。

事実、会話の中にはそういう危険が潜んでいるので、男性と話をする時には、まずは当たり障りのないことから聞いていくことをおすすめします。話す時は自分の話ばかりではなく、男性の話をよく聞いてお相手のことを知ることが重要です。
どうしても知識が追いつかない時には「私、そういう知識に疎いので、良かったら教えてください」という感じで誘導していきましょう。男性も好きなことについて聞いてくれる女性には心を開きやすいので、聞き上手に徹するということも時には重要です。

会話で地雷を踏まないようにするためには?

会話で地雷を踏まないようにするためには、まずは聞き上手になることが大切だと言えるでしょう。聞き上手になれば、相手が話してくれることに対して相槌を上手く打っていくだけで会話が成立していきます。
自分から地雷を踏んでしまうということが多いので、相手に話させてしまうというのが、一番の回避方法だと言えるでしょう。もちろん、男性の中には意見を求めてくることもあるので、そこは注意が必要となってくるかもしれません。
交際クラブ・デートクラブの場合は、先に男性の情報を知る手段があまりありません。デート当日までは何も知らずにドキドキして待っているということも多いでしょう。だからこそ、会話には注意しておくことが必要となります。

また、ある程度当たり障りのない質問などを考えておくのも良いです。
「普段何をしているのですか?」「趣味は何ですか?」「好きな食べ物は?」というものであれば、地雷を踏むということはありません。
恋愛の話なども良いのですが、プライベートな恋愛の話は避けたいと思っている男性もいるので、そこは様子を見ながら会話についてもチョイスしていくことが必要となってくるでしょう。

会話で地雷を踏んでしまったら?

もし会話で地雷を踏んでしまったら、男性の様子をしっかりと観察しておきましょう。男性が嫌がっているようであれば、すぐに会話を他の内容に変えていくことが必要となります。話を変えた内容にも男性が引いているようであれば、さらに違う話をすることも重要です。

基本的に地雷を踏んだ時には、男性の態度が明らかに変わるということがあるかもしれません。そこをよく観察して、嫌そうな話はしないようにすることが大切です。ちょっと難しいかもしれませんが、様子を見ながらしっかりと考えておくと、失敗するということはほとんどありません。むしろ男性の方が気を遣ってくれるのが交際クラブ・デートクラブなので、そこは安心して良いでしょう。
ただ、基本的には大人の割り切ったお付き合いとなるので、男性が嫌がることはしないようにし、自分も嫌なことは避けておくのが賢明です。

まとめ

交際クラブ・デートクラブは初対面で知らない男女がデートすることになるので、会話の中で地雷を踏んでしまうということもあります。その場では笑って許してくれることもあるかもしれませんが、なかなか上手くいかないこともあるでしょう。そうなった時には、違う話題に切り替えられるくらいの対応力があると良いかもしれませんね。

投稿日:2019.02.08