さすがに無理!ハイスペックでも付き合いたくない男性の特徴5つ

高学歴、高収入、高身長……いわゆる「3高」といわれるハイスペ男子と付き合いたい、結婚したいと憧れる女性は多いですよね。
そんな超人気物件をゲットできれば、周りの友達からはまさに羨ましがられること間違いなしです。
ですがその「3高」が揃ったハイスペ男子ならどんな人でも良いのかと言われれば、正直そんなことはないですよね。
実際のところは3高以外にも大事な要素はたくさんあるもので、それらが欠けていたらさすがに3高でも印象は微妙といったところでしょう。

そこで今回は、ハイスペックでも女性が付き合いたくないと感じる交際クラブ・デートクラブの男性の特徴をご紹介します。
以下のような男性は、ハイスペックでも正直「地雷」になる可能性があるため要注意です。

中身が子供っぽい

よくあるパターンとしては、凄いスペックは揃っているものの、意外と中身が子供っぽいという点です。
例えば恋愛慣れしていないせいで女性のエスコートがまともにできなかったり、趣味が子供っぽかったり、食べ物の好き嫌いが激しかったり……。
そんなまるで学生のような振る舞いをするハイスペ男子も、実は意外と多いといいます。
「きっと性格も王子様のような素敵な人なはず」と期待しすぎないほうが賢明かもしれません。

特に育ちの良いお坊ちゃんタイプの男性は、中身が二極化しやすいので要注意です。
育ちの良さから、女性に対する振る舞いや大人としての教養まで磨かれるタイプもいますが、絵に描いたような傲慢お坊ちゃんとして育ってきている人もいます。
後者のタイプはわがまま放題でデリカシーがなかったりなど、接するうえでかなり苦労することが多いです。

清潔感がない

清潔感といえば女性の求められるものと思われがちですが、最近は男性にも清潔感はとても大事な要素となります。
女性の清潔感ある雰囲気が、真面目な感じがして印象が良いように、清潔感がある男性は真面目で誠実そうな印象があってとても素敵ですよね。
清潔感のあるハイスペ男子なんて、まさに女性にとって理想中の理想でしょう。

しかしシワだらけで汚れた服を着ている、不精髭を生やしている、髪がボサボサ、匂いが気になる……このような要素のある男性は、いくらハイスペックでも清潔感のなさから嫌がられてしまうことが多いです。

相手を見下すように話す

人を見下すような嫌な態度を取るような人も、正直イメージはあまり良くないですよね。
いくらハイスペ男子と付き合いたいと思っている女性でも、「ハイスペ男子ならなんでも言うこと聞きたい」なんて思っているわけではありませんから、自分が上感を分かりやすく出してくるような男性には正直嫌悪感を抱くはずです。

そんな男性を見て、多くの女性は「モラハラ夫になりそう」「一度怒ったら絶対許してくれなそう」なんてイメージを持つ人も多いでしょう。
誰だって一緒にいて楽しく恋愛をしたいと思うものです。
人を見下すような話し方をする人とは一緒にいて不快な思いをすることが多くなりがちなので、せっかくハイスペ男子をゲットしても幸せにはなれないかもしれません。

仕事が壊滅的にできない

仕事が壊滅的にできないのもかなり残念なポイントの一つです。
他のスペックは素晴らしいのに、一緒にいる職場ではミスばかり……そんな人に対しては、正直好印象は持てないでしょう。
女性は特に、男性の仕事をしているかっこいい姿に惹かれるものです。仕事ができない人は、自然と恋愛対象からは外れてしまいがちです。

もちろん仕事ができなければどんな男性でも無理というわけではないですが、残念ながらハイスペな部分をたくさん持っていたとしても、仕事ができないのでは結局「カッコ悪い」なんて印象になってしまうことが多いです。

自分が大好き

最後によくあるパターンとして挙げられるのが、扱いの厄介なナルシスト。
とにかく自分が大好きで、周りの人や彼女ではなくいつも自分にばかり目を向けてしまうタイプですね。
ナルシストな男性は自分本位に生きているため、一緒にいて足並みを揃えるのは正直かなり難しいもの。

いくらハイスペで良いところだらけだったとしても、ナルシストでは「近寄りがたい」「接しづらい」といった印象にしかならないでしょう。
もし付き合えたとしても、結局いつも自分のことしか見ていないため、恋愛していても虚しさしか感じないはずです。

まとめ

ハイスペックでも女性が付き合いたくないと感じる交際クラブ・デートクラブの男性の特徴について解説してきましたが、いかがでしたか?
ハイスペ男子に憧れる女性はたくさんいますが、やっぱりその中にもいわゆる地雷なクラブの男性は結構多いもの。
むしろハイスペ男子として自尊心が強いからこそ、扱いが難しい人は意外とたくさんいるといっても良いのかもしれません。

やっぱり大事なのは、相手と一緒にいて安心できるかどうかという点ですね。
相手のスペックにばかり目が行ってしまって、「ハイスペ男子なら誰もでもいい!」なんて考え方にならないように注意しましょう。
正直、ハイスペ男子にこだわるあまり変な男性につかまってしまい、自分を不幸な状況にしてしまう女性は多いものです。

投稿日:2020.07.01