女性にもてたいなら見栄や虚勢を張らない

年を取っても女性にもてたいなら、どのような人が嫌われやすいのかも知っておくべきです。女性の性格によっても異なるでしょうが、多くの女性は虚勢を張る男性や見栄を張る男性を嫌う傾向にあります。ありのままを見せた方が安心する女性が多いので、決して無理をする必要はありません。
もし自分は見栄っ張りだと思うなら、改善することをおすすめします。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆様も是非参考にしていただければと思います。

虚勢を張る人は女性に好かれない

年長の男性が虚勢を張ると、女性から嫌われるのには理由があります。
なぜなら見栄っ張りで自分に自信がない人だと見られてしまうからです。能ある鷹は爪を隠すということわざがあるように、本当に能力のある人は、それを自慢したりひけらかしたりしない人が多いのです。自信がないから大げさに言ってごまかしていると感じる女性が多いのです。なぜ自信のない人は虚勢を張ろうとするのでしょうか。

そこにはいろいろな心理が働いているのですが、主な特徴としては、能力が伴っていないにも関わらず、人に負けたくないというプライドの高さや、他の人よりも上に立ちたいという思いが強いからです。
そのため、勢いで無理やり押し込めようとするので、傲慢で威張り散らす人だと思われやすいのだと言えるでしょう。自分の後輩や同僚であれば、きちんと指摘する人もいるでしょうが、先輩や上司であった場合、指摘する人が少ないので余計に虚勢を張るようになります。

これでは女性にもてるわけはありません。最近では若い人が虚勢を張ることは少ないですが、中高年の人にはありがちだと言えるでしょう。年齢を重ねて人生経験を積んでいるからこそ謙虚になり、頼られる人になる必要があります。そうすれば自然と女性に好かれやすくなりますし、周りともうまくいくようになるでしょう。ただし、虚勢を張るのが悪いわけではありません。周りに自分は何かを達成するなどと公言し、自分にプレッシャーを与えて己を高めていくためであれば問題はないでしょう。

女性に対してだけ見栄を張る男性も多い

誰に対しても見栄や虚勢を張る人もいますが、特定の人だけに見栄を張る人もいます。
男性であれば後輩に対してだけ、もしくは女性に対してだけという人が多いでしょう。女性の場合には同姓にのみ見栄を張る人が多いのですが、女性は見栄っ張りで自信過剰な男性、特に年配の人であればよく思わない人が多いです。世の中には年を重ねても女性からもてる男性がいますが、大半の人はありのままの自分でいる場合が多いでしょう。

ある程度年を重ねているのに見栄っ張りである男性は、あまり女性からもてないので、普段はありのままの自分でいるものの、女性がいると急に見栄っ張りになる人も存在しています。
例えば、気になる女性と一緒に食事に行ったとしましょう。そうすると自分は経済力もあって太っ腹であることを強調するために、高級なレストランに連れていき、好きな物を自由に注文するように促すことが多いでしょう。実際はかなり厳しいのに、無理をしてよいところを見せるのが目的です。

これでは一緒にいる女性が恐縮してしまい、好きな物を注文できない場合もあるでしょう。それよりも一般の人がよく利用する居酒屋やレストランに連れていき、平均的な値段で食事ができる店で好きな物を注文してよいと言った方が、一緒にいる女性も安心できます。
このように、女性から好かれたいのであれば、無理をして経済力があるように振る舞うのではなく、ありのままの状態を見せた方が、女性は安心するのです。

見栄を張らないように改善する方法

自分の性格や特徴を改善するのはとても難しいですが、変えることができないわけではありません。虚勢や見栄を張るのを改善することは可能です。では、どのように改善すればよいのかというと、変えたい理由を明確にすることです。虚勢や見栄を張ると女性から嫌われてしまうから直したいという理由でも問題はありません。ただ漠然と変えたいというだけでは、長続きもしませんし、成功する確率も低くなります。
次にどのようにして変えていくのかですが、深く考えすぎないことが大切です。

深く考えないと言われてもよくわからないかもしれませんが、なぜ虚勢や見栄を張るのかを見直してみるとよくわかります。周りから仲間外れにされないため、惨めな思いをしないため、弱さを隠すためなど色々な理由があります。
もし弱い自分を女性や後輩に見せたくないのであれば、開き直って弱い人間に見られてもいいと思い、他のことは考えずに生活することです。そうすることで精神的にも強くなりますし、自分の性格も変えられる可能性が高くなるでしょう。

自分は頼れる上司や先輩だと思われたいのであれば、お金を使って気を引くのではなく、努力をして仕事ができる人間になりましょう。これなら無理にお金を使う必要もありませんし、生活の心配をする必要もありません。仕事なので失敗をすることもあるでしょうが、誰にでもミスはありますし、失敗は成功の基ということわざがあるように、失敗をすることで分かることもあるのです。失敗したらどうしようなどと余計なことは考えないようにしましょう。性格が改善できれば、女性からもこの人は努力家だと見られるようになります。

投稿日:2020.04.08