失恋が苦しいのはいつまで?新しい恋をするまで続く苦しみ

失恋をするのは苦しいですよね。誰もが失恋を経験している中、その苦しみがいつまで続くのか気になる人もいるはず。失恋してすぐに忘れることができるのなら良いのですが、そう簡単に忘れられないのもまた恋愛の難しいところ。
事実、男性も女性も過去の恋愛を引きずっている人がいると思います。そこで、ここでは失恋が苦しいのはいつまで続くのか、そこを解説します。もちろん、人によって立ち直るまでの期間は違うでしょう。しかし、そこには共通してある条件があります。
その条件とは新しく恋をするということ。恋愛で立ち直れないという人は、まずは新しい恋に向かって突き進んでみてはいかがでしょう。正直、荒療治にも思えるこの方法こそ最適。自分の中でより良い相手を見つけていくことが、最良の薬になります。

失恋した時は深い悲しみがあるかもしれません。それは恋をする人であれば普通のことです。ただ、恋をすれば失恋することもある。こればかりは相性もあるため、どうしても相手と合わないのならやめておいた方が良い。
そこどうやって乗り越えていくかによって、次の恋愛へ続く道ができていくはず。
まずは失恋してしまった時、どう立ち直るのかについて考えてみましょう。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆様も是非参考にしていただければと思います。

失恋は苦しい

失恋というのは苦しいです。これは恋を経験したことがある人であれば、誰もが理解できるはずです。例えば、ずっと片思いをしている中、勇気を出して告白したのに振られてしまうということもあります。これはもう苦しいですよね。その他にも、付き合うことができても、相手とうまくいかずに別れてしまうこともあります。これも苦しいはず。
とにかく恋愛に苦しさは常にセットとなっているようなもの。どんな恋愛であっても紆余曲折、すべてが順調にいく人の方がむしろ少ないと思うべきです。だからこそ、失恋した時の苦しさをまずは受け止めるくらいの気概が必要です。
失恋自体は辛いですが、無意味なものなのかと言えばそうではありません。恋をすることで学ぶことも多いです。相手の気持ちを考えたり、自分の気持ちに正直になったり、折り合いをつけて関係を作ったり。
失恋をするというのは、ただ相手とうまくいかなかっただけ。そう思うと少し心も楽になるはずです。心というのは単純で、悲しみのどん底にいたとしても必ず抜け出すことができます。それまでの時間は人によって違いますが、機が熟すのを待つくらいの気持ちでいるだけでも違ってきます。

いつまで苦しみは続く

失恋の苦しみは一体いつまで続くのでしょうか。これは先に結論を言うと、次の新しい恋をするまで続きます。人によっては失恋してから恋をしなくなる人もいるのですが、それだとずっと過去の恋愛を引きずったままになります。そこは未来を見つめて、新しい恋を始めるべきです。
例えば、失恋を悔やんでいる人ほど恋愛をしようとはしておらず、「もう恋はこりごりかな」と言ってしまうこともあります。それでも自分が納得しているのなら良いですが、これではいつまで経っても失恋の苦しみから抜け出せません。

本当の意味で失恋の苦しみから救ってくれるのは、新しい恋なのです。それを忘れてはいけません。人間は常に恋をする生き物なので、新しい恋を見つけたらどんどん前向きに考えて突き進むのが良いです。そうするだけでも、また違った結果になります。
いつまで苦しみが続くのかと思うと辛いかもしれませんが、辛い時だからこそ積極的に合コンや街コンに参加したり、交際クラブ・デートクラブや出会い系サイト、マッチングアプリに登録するというのもありです。
交際クラブ・デートクラブには素敵な男性も数多く登録していますので、女性も相手を見つけやすいです。なお、交際クラブ・デートクラブは恋とはまた違ったものなので、リハビリに使うくらいがちょうど良いでしょう。本気で恋愛をしたいなら、その他の出会いツールを使ってみるのがおすすめ。

新しい恋が苦しさを和らげてくれる

新しく恋をすると、自然と以前の恋のことは忘れさせてくれます。そもそも新しい人に夢中になれば、過去を悔やむ時間など無くなります。人間は意外と単純な生き物で、新しく恋をすると他のことなど忘れてしまうほど単純です。
そのため、失恋してしまった時には「また他の人と出会うチャンスだ」と思って出会いを求めてみるのが良いです。あまり恋をする気になれなくても、どうしても辛いというのならその気持ちを和らげてくれる人を見つけましょう。
案外簡単に見つかるので、インターネットの力を使って出会ってみてください。そこから始まる恋がきっと忘れさせてくれます。

まとめ

失恋は苦しいですし、いつまでその苦しみが続くのか人によって違います。しかし、新しい恋をすることで忘れられる人がほとんどです。まずは自分の状況をしっかりと受け止めて、過去には執着せずに今新しい恋を見つけるようにしてみてください。
きっとそこで悲しみが中和されていくはずです。

投稿日:2019.10.11