既婚男性がお付き合いを終わらせたいと思う5つの瞬間とは?

既婚男性とのお付き合いが楽しく感じていることもあり、この関係をずっと続けていきたいと思っている女性は多いのではないでしょうか?
最終的に相手の男性が家族を捨てて、女性のことを選んでくれたとしたら嬉しい気持ちでいっぱいになることは間違いないでしょう。
ですが、そのような女性の思いとは裏腹に、もしかしたら相手の男性は一刻も早く関係を終わらせたいと思っているかもしれません。

これから既婚男性がお付き合いを終わらせたいと思う5つの瞬間について紹介していきますので、楽しい関係が呆気なく終わる時もあるということを覚えておきましょう。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆様も是非参考にしていただければと思います。

奥さんにバレてしまった時

既婚男性がお付き合いを終わらせたいと思う瞬間の一つに、奥さんにバレてしまった時が挙げられます。
奥さんにバレてしまった以上、相手の男性はお付き合いをやめるか、もしくは家族を捨てるかの二択に迫られることになりますので、一時の気の迷いの男性ほど家庭ではなく不倫相手のことを捨てる方を選ぶことになります。

また、奥さんにバレた時点で自分が犯していた過ちの大きさに気付く男性も多いですので、同じ過ちを繰り返さない為にも、もう二度と関わりを持とうとは思わなくなるでしょう。
軽い気持ちで不倫をしている男性は非常に多いですので、奥さんにバレた時は関係が終わることになると思っておいた方が良いですよ。

不倫相手に飽きた時

相手に飽きてしまった時も、関係を終わらせたくなる瞬間の一つとなっています。
恋愛と同じく、関係をスタートさせた時が一番楽しくて仕方がありませんが、時間が経つにつれて相手の女性に飽きてくる男性も少なくありません。

その為、会う頻度が減ってきたり、連絡を取り合う回数が昔に比べて少なくなってきたと感じるようであれば潮時だと見切りをつけて、交際クラブ・デートクラブで新しいご紹介を受けたり、他に目を向けましょう。

家庭に楽しさを感じた時

既婚男性が家庭に楽しさを感じた時も、不倫をやめたくなる瞬間の一つとなっています。
例えば、子供が成長してきたことがきっかけとなり、休日に一緒に遊ぶことが何よりも楽しいと感じる人もいるでしょうし、仲が悪かった奥さんとの関係が改善されることがあれば、家族の為に頑張っていきたいと思うようになります。

相手の男性の子供がまだ未就学児であるとしたら、将来的に家庭的な男性になる可能性は大いにあるということを覚えておきましょう。

お金が無くなった時

交際クラブ・デートクラブやそのデート代にお金を回せる余力が無くなった時も、やめたくなる瞬間の一つとなっています。
例えば、勤めていた会社が倒産してしまったことで職を失った時や、マイホームを購入したことでローンの支払いを優先しなければいけなくなったというような場合です。

交際クラブ・デートクラブで遊ぶことに対してお金を回すことが出来なくなった以上、不倫相手との関係を終わらせるしかないと思うようになりますし、経済的に困窮している恥ずかしい自分の姿をこれ以上見せたくないとも思うようになります。
企業の倒産や、リストラが相次ぐ世の中ですので、いきなり関係が終わることもあるということを覚えておいた方が良いですよ。

浮気された時

相手の女性に浮気をされた時も、関係をやめたくなる瞬間の一つとなっています。
他の男性の陰が見えた以上、自分に対しての気持ちが無くなったと思うようになりますので、関係を終わらせたいと思うのは当然のことでしょう。

相手の女性からすれば、「既にお付き合いをしている男性が浮気のことでとやかく言う資格は無い!」と思うことでしょうが、自分のことを棚に上げている男性は意外と多いものですよ。

まとめ

ここまで既婚男性がお付き合いを終わらせたいと思う5つの瞬間について紹介してきましたが、軽い気持ちで不倫をしている男性がほとんどですので、奥さんにバレた時ほど家庭を捨てることではなく、不倫相手との関係を終わらせたいと思うようになります。
また、不倫という関係をスタートさせた時は今まで味わったことの無い楽しさを感じていましたが、時間が経つにつれて不倫相手に飽きてくることもありますので、その時は関係を終わらせたいと思うようになるでしょう。

交際クラブ・デートクラブに登録し、デート代や他のお付き合い相手へのプレゼント代が少なからず掛かってくるということでもありますので、リストラや勤めている会社の倒産をきっかけに経済的に困るようなことがあれば、関係を続けるのが困難になっていくことでしょう。
現在、不倫をしている女性は相手の男性に過度な期待を抱くことはせず、いずれは終わる関係だと思って今の瞬間を楽しむことが大切ですし、仮に関係が終わったとしても「新しい恋に目を向ける時が来たんだ!」と思うようにしましょう。

投稿日:2019.01.15