たまにはケンカも…

仲が良いほどケンカをしてしまうということもあります。
しかし、できればケンカはしたくないものです。
ケンカするというのはお互いをよりよく知るためにも良いことだという説もありますが…。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆様も、是非参考にしていただければと思います。

ケンカが二人の仲をより深めることも

仲の良い二人でもときにはケンカをすることもあるでしょう。
ケンカの理由は些細なことかもしれません。
そんなことでケンカ?と周囲の人は思うかもしれませんが、仲が良すぎるからこそ、ケンカをしてしまうということですね。
何かしらボタンのかけ違いがあったときにケンカをするものですが、ちょっとした言い合いから本格的なケンカになってしまったら悲しいことです。
すぐに仲直りできたらいいのですが、それが尾を引いて何日も口を聞かないということもあるでしょう。
そうならないためにも、そしてお互いが仲直りしたいのならその気持ちに素直にならなくてはいけません。
もっともケンカをすることで、わかることもたくさんあります。
特に滅多にないケンカでしたら、相手の意外な面も見えてくるのではないでしょうか。
いつもおおらかで優しいのに、ケンカのときに見せる気の強さは意外でありながらも頼もしく見えるものかもしれません。
些細なケンカでしたら、すぐに仲直りしましょう。決して別れるということにまで発展しない内容だからです。

カップルの中には、つきあってからこれまで、ケンカをしたことがないという人もいることでしょう。
それはそれで素晴らしいことです。ずっとケンカをしなければもっと素晴らしいのですが、長いつきあいの中でケンカを一度もしないというほうが考えにくいのです。
ですから、些細なことでもケンカの一度や二度は経験しておいたほうがいいでしょう。
多少でも次のケンカのときの免疫になるからです。
それと、浮き沈みのない人生は誰しもつまらないと思うことと同じで、波風の立たない恋愛関係もつまらなく感じるものです。
ケンカをたくさんしたほうがいいというわけではないのですが、ケンカをするほど二人の仲はどんどん狭まっていくものです。
出会いのときの印象はそれほどよくなかったとしても、お互いに引き寄せる魅力があってつきあいが始まった二人です。
それでも、最初はそれほど印象がなかったということでしたら、二人の性格が違いすぎる、あるいは趣味も違うということもあったでしょう。
性格に違いや価値観の違い趣味の違いは、お互いの意見や主義主張が違うので、口げんかも絶えなくなってきます。
傍から見たら、そんな関係では相性が悪くてすぐに別れるのではと思いがちです。
しかし、ケンカもしないでずっといるふたりよりは、ずっと二人は別れることはないでしょう。
それは、ケンカをすることで二人が共に成長していっているからです。
どういうことかというと、ケンカをして二人が言い合うことで、相手のことをより理解するようになるからですね。
最初から仲の良い二人は、ケンカもしませんからどこかで相手のことがわからないままということが多いのです。
一方で、しょっちゅうケンカをしている二人は自分のことをケンカのときにさらけだしてしまうので、それがお互いにとって相手のことをより良く知る手段になるということですね。
ケンカは犬も食わないとよく言いますが、ケンカをするほど仲が良くなるのは間違いないでしょう。本当に嫌なら別れているのに、二人の間がどんどん縮まっていることは、ケンカをしても仲が良くなっている証拠です。
ケンカをしてわかることのほうが多いのも事実ですね。
どんどんケンカをしたほうがいいというわけではありませんが、ケンカをして相手のことがよくわかるということは間違いないのです。

ケンカをして惹かれ合う

ケンカをするとさらに惹かれるということはよくあります。
それは、ケンカをしているときに連絡が取れない、離ればなれになってしまうという寂しさの反動から仲直りしたときにより一層恋愛感情が高まるからです。
自分と価値観が違う人とは、考え方の違いからぶつかり合うことも多くなるでしょう。
しかし、そのようにぶつかりあうことでお互いの意見を言い合うことができるのです。
そうすると、二人の仲が自然と深まっていくということですね。
出会いの頃は、二人の考え方の違いで近づきがたく遠くから見ていたにすぎなかったのですが、それを反対に意識するようになっていき、いつしか惹かれあうようになっていったのです。
相性がいいから二人は合うというのではなく、相性が良くないから二人でそれを直していく過程の中でより絆が深まっていくということですね。

自分にない相手の感性に惹かれるということはよくあるでしょう。
自分とは正反対と感じているのですから、元々価値観やものの考え方が違うのは当然です。
右に行こうとしたら相手は左を選んだということで、そこでも仲違いができることもあるでしょう。
それでもどちらかが折れることで、その場を取り繕うことができます。
それまで譲ることがなかったとしても、二人がつきあうことで、お互いが譲り合う、すなわち相手を尊重する気持ちが芽生えてくるのですね。
この人と一緒にいたいという気持ちが強ければ、どんなにケンカをしても別れることはありません。
むしろ、お互いをよりよく知るためにも仲良くケンカをしなさいということになるのです。

投稿日:2018.12.14