気がないのなら引っ張らない

長い人生の中で相手のほうから好かれることもあるでしょう。
それが、一方的な恋心であって、こちらのほうではそれほど乗り気でないときは、相手のためにもしっかり自分の気持ちを伝えることも大切です。
相手を傷つけず、どちらかというとこちらを落とすといった言わば大人の対応が必要となるのです。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆様も、是非参考にしていただければと思います。

大人の対応をしてみる

人から好かれることは嬉しいことですし、悪い気持にはなりません。
好かれないよりは好かれたほうがいいのは当然のことなのです。
しかし、それが友人として好意を持たれているのでしたらいいのですが、一目惚れをされてしまったらどうでしょうか。
別に気にしないという人も少なくないでしょう。
こちらも相手に対して好意を持っていたら、そのまま恋人同士に進展することもあると思います。
出会ってすぐに一目惚れをするということは多くの人が経験していることです。
しかし、それを胸の中に秘めておいていつか機会を見つけて告白する人もいるかと思えば、自分一人の胸にとどめておくことはできずに、すぐに告白する人も多いのです。
問題となるのは、一目惚れをされた側が相手のことをなんとも思っていないときでしょう。
一目惚れをされたら…ということは相手が告白をしてきたときということです。
少なくともこちらもわかっているのですから、その相手のことを、こちらはなんとも思っていないときはどうしたらいいのでしょうか。

一番の対処としては、こちら側の気持ちをしっかりと相手に伝えることです。
なんとも思っていないときははっきりと断ることが大切です。
まったくその気も無いのに思わせぶりな態度をとることは、相手に対して失礼になるのは間違いありません。
相手は傷つくかもしれませんが、一目惚れというものは片思いに近いものです。
ですから、相手も覚悟のうえで告白してきているのです。
断ってしまうと、友だちとしてもいられないかもしれませんが、毅然としてかつ丁寧に断るのが大人の対応として大切なことなのです。

気が無いときはひっぱらない

人から好意を寄せられるのは嬉しいものです。
それでも、一目惚れであったらどうでしょうか。
こちらも相手に好意を寄せているのでしたら、そこからおつきあいが始まると万々歳となるのですが、相手のことを恋愛対象として見ることができない場合が問題なのです。
一目惚れというのは相手にとってはそうかもしれません。
しかし、一目惚れされたほうはほとんど無防備な状態です。
そこから相手に対して恋愛感情を持つのは大変なことでしょう。
優しい人であれば、まずは友だちからということでお茶を濁してしまいがちです。
状況によっては毅然として断ることも必要です。
一目惚れというのは、一度経験してみないとわからないものですが、かなり強い気持ちの片思いと言ったらいいでしょうか。

抑制が効かなくなり、相手に対して告白しなくてはダメなくらい追い詰められた状況と言えます。
そのような相手から告白をされた場合、一目惚れされた側としては、相手に気が無いのであれば毅然として断ったほうがいいでしょう。
それが相手のためでもあるからです。
気がないのに、考えさせてくれと言って、ずるずると結果を後回しにすることは相手に対して失礼きわまりないことです。結局断るのでしたら早いほうが相手の傷も深くならなくて済みます。
出会いからすぐに好きになったのでしたら一目惚れということですから、毅然として断ることで一気に冷めてしまうこともあるでしょう。

どっちつかずのときはどうする?

一目会ったその日から好きになってしまうことが一目惚れなのですが、それは見た目の第一印象から入ってくることは間違いないでしょう。
ですから、一目惚れをされたということはその人のルックスが優れていることは容易に想像できます。
出会いからすぐに好きになるのですから、一目惚れした側としてはすぐにでも告白したくなるのです。
しかし、告白された側はまさに青天の霹靂状態です。
すぐにどうしたらいいのかわからずに、突然の告白をもらって嬉しいけどびっくりしたことを言うしかありません。
対応として、すぐに断ったほうが後にひきずらないので結果として良い場合が多いです。
しかし、なかなかそういうわけにもいかないこともあるでしょう。
優しさから、すぐに返事をしないで保留状態にしてしまうことも多いのも一目ぼれの告白のパターンでは多いでしょう。
少し時間がほしい、相手のことをもっと知りたいというように、悪く言えば結果を先送りする対応です。

もっともそれは、友だちとしてのおつきあいを始めようということですから、一目惚れをしたほうとしては不満かもしれません。
しかし、そこから恋愛感情に発展すればいいのでで、打ち明けたほうとしても悪くはないのです。
むしろ、一目ぼれからの告白はうまくいかない場合も多いので、結果は満点ではありませんが上々と考えてもいいでしょう。
まだ、チャンスがあるからですね。
そこから軽いおつきあいが始まってやっぱりダメだと感じたそのときは、すぐにでもお断りをしたほうがいいでしょう。
熱しやすく冷めやすいのが人の常ですから、友だちとしてつきあっていくうちに、そのまま本当の友人関係になってしまうこともあるかもしれません。
告白された場合にどっちつかずの状態であれば様子見ということもありですね。

投稿日:2018.12.12