同棲生活を始めるための家探し

交際クラブ・デートクラブをご利用の皆さまは結婚に向けてパートナーとの同棲を考えたことがありますでしょうか。
交際期間が長くなるとお互い結婚に向けての準備を進めることになるでしょう。特に女性の方が年齢を重ねると気持ちに焦りが出てきますし、両親も早く身を固めるように圧力をかけてくることがあるかもしれません。
一般的な調査によると交際を始めてから2年から3年程度で結婚に踏み切るカップルが多いようです。
交際を始めて1年程度が過ぎた時点で本格的に結婚に向けての準備を進めるために同棲生活を開始することを考えるかもしれません。
結婚に向けての準備の中には資金調達が含まれるからです。確かに結婚は男女ともに一生の出来事ですし幸福な生活に向けての準備ですから楽しいものですが、現実的な問題としてお金がかかります。

結婚式をするにしても新居の準備をするにしてもお金が必要なのです。結婚に向けてお金を貯めるためには現在の出費の中から切り詰めて行かなければいけません。
同棲生活を始めることでお互いの家賃を節約することができますし、共同生活を始めることによって、光熱費や生活費などの必要経費を節約することもできます。
男性か女性が一人暮らしをしている場合どちらかの家に移り住むことも可能ですが、お互いに実家暮らしの場合は、同棲生活のために新しく物件を探す必要があるかもしれません。
では同棲生活を始めるための家探しの場合、どのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか。実際の経験者の情報を参考にしながら解説していきたいと思います。

1:コミュニケーションスペースになるリビングにはこだわりたい

カップルが交際をスムーズに進めていくためにはお互いのコミュニケーションをしっかりととり続ける必要があります。
どれだけ長く交際を続けてきたカップルであったとしてもコミュニケーションが不足してしまうとお互いの意思疎通がうまく行かなくなり、不満が溜まり相手に対するイライラが募ってしまいます。
同棲生活を始める時にもお互いのコミュニケーションスペースとなるリビングにはこだわりを持った方が良いかもしれません。
二人だけのスペースなので、ファミリータイプのようなリビングは必要ではありませんが二人がくつろげるスペースは必要でしょう。
また問題が起きた時には二人で落ち着いて話すことができるような場所を確保しておくことも大切です。

またリビングのインテリアにもこだわりを持つと良いでしょう。特に女性目線でインテリアを整えるとお互いの関係もスムーズに進むことでしょう。
同棲生活を始めたカップルにアンケートを取ってみると、男性よりも女性の方が同棲生活にストレスを感じることがあるようです。
どうしても女性の方が家事の分担率が多くなるのが理由なのかもしれません。ですから女性が落ち着ける環境を確保して、ストレスが溜まった時にはゆっくり話し会える場所を整えることは大切でしょう。

2: お互いの譲れないポイントを話し合う

交際しているカップルであったとしても家庭環境は様々ですからそれぞれがイメージしている家は違うはずです。
人は自分が育った環境を基準にして生活環境を思い描く傾向がありますから、それぞれ違った環境で育った二人が共同生活を始める時に理想が違うのは当然のことでしょう。交際クラブ・デートクラブをご利用の男性のように、有り余るほどのお金があればお互いの要望を全て叶えることができるかもしれませんが、現実的にほとんどのカップルにそのようなことは不可能でしょう。
理想があったとしてもそのほとんどを諦める必要があるかもしれません。しかしすべての理想を諦める必要はないのです。

お互いにとってここだけは譲れないということは話し合っておくならば、新しい住環境を決定する上で役立つことでしょう。
例えば間取りに関してはどうでしょうか。男性の方は1 LDK で十分だと考えるかもしれませんが、女性側は最低でも2 LDK は欲しいと思っているかもしれません。
生活環境に関する少しの食い違いが大きな溝となってしまうこともありますから、家を探し始める前にお互いの要望を話し合っておくと良いでしょう。

3: 可能であれば一人の空間も確保する

大好きな相手と共同生活が始まるわけですが一人の時間、一人の空間も確保しましょう。いつも一緒にいたいという気持ちが強いかもしれませんが、時々一人になって考えたり物思いにふける環境も必要なのです。
決して広いスペースが必要というわけではありません。キッチンスペースをこだわったり、リビングの一部分を自分のスペースとして確保することもできるでしょう。
お気に入りの椅子や、ソファーを置くだけで自分だけの環境を作り上げることができるのです。

このように同棲生活を成功させるためにはいくつかのポイントがあります。交際クラブ・デートクラブをご利用の皆さまもしっかりと計画を立てて同棲生活をして下さいね。

投稿日:2018.08.09