大切にしたい

お互いが好きであればいつも一緒にいたいと思うことでしょう。
一緒にいるだけでも幸せな気持ちになるのがつきあっていることの醍醐味といってもいいと思います。
それでも、ずっと幸せなことばかりではないこともあるのです。

いつも傍にいたいという気持ち

相思相愛の仲となれば、いつも一緒にいたいと思う気持ちはお互いが持っていることでしょう。
それがつきあっている証であり、恋人同士というものなのです。
しかし、そんな仲の良いカップルでも、いつしか二人の間にすきま風が吹いてしまうこともあるでしょう。
人もうらやむほど仲が良かったのに、それはどうしたことでしょうか。
お互いも、あれほどいつも一緒にいるのが楽しくて幸せだったのにと思うことでしょう。
もっとも、それは相手のことが嫌いになったということではないのです。
むしろ、二人が一緒にいるのが当たり前のようになってしまったことからそのようなことになったのです。
それは飽きたということとも違っているのです。
極端な例になりますが、結婚生活に入ると夫婦はいつしか空気のような存在になるといわれています。そこにいるのが当たり前となってしまっていて、一緒にいるのが当然のようになってしまっているのです。
それだからこそ、反対にいなくなってしまうととても淋しく感じるのです。
かなり話が飛躍してしまいましたが、出会いから恋愛関係に至ったカップルは、つきあい当初は二人の愛情が急激に盛り上がる時期であるのは間違いありません。
そのときの愛情が強ければ強いほど、結婚生活に入ってもいつまでも二人の記憶の中にそういった気持ちが残っていくのでしょう。

二人が恋愛関係にいるときはどうでしょうか。
常にお互いが相手のことを大切に思っている二人ですから、いつも一緒にいたいと思うことでしょう。
たまには仲違いすることがあるかもしれません。それでも、おそらくどちらかが寄り添うことでしょう。なぜなら愛し合っているからです。一番の救いになるのは、お互いの存在です。
仲違いしているとき以外でも、困っているときやつらいことがあったときにそっと傍に寄り添ってくれる存在だからです。何も言わなくても、ずっと傍にいてくれるだけで元気をもらうことができます。
そのような存在こそが恋愛関係と言えるのでしょう。
そして、それがやがては結婚生活へと繋がっていくということですね。
この人じゃないと生きていけないというのは大げさすぎるかもしれませんが、いなくなれば抜け殻のようになる人もいるくらいです。
だからこそ、あながち大げさとも言えないのですね。

なんでも打ち明けることができる存在

恋愛関係になれば、お互いがパートナーに対して依存することもあるでしょう。
頼りにしていること、そして信頼しているからこその依存なのです。
依存というと文字通り頼りっきりになっている印象を受けます。
他力本願というわけではないのですが、お互いを信じて依存するところは依存するというところでしょう。
信頼できるからこそ恋愛関係に発展したと言えるのは間違いないですね。
出会いのときは当然のことですが赤の他人です。それでも、つき合いが始まって会うたびにだんだんとお互い惹かれあうものが出てくるのです。
そうすると、どちらからともなく近づいていって恋愛関係にさらに進行していきます。
それは言い換えればお互いの信頼関係が構築されたと考えてもいいでしょう。
この人だったら信頼に値するというわけですね。そうなってくると、お互いに自分が現在持っている悩みを打ち明けるようになるでしょう。
そんなことで悩んでいるんだ…こんなことで困っているんだ…というようなことをパートナーに打ち明けるのです。
相談されると、頼りにされているということでとても幸せに感じるものでしょう。
愛するパートナーのために何かしてあげたいと思うのは、恋愛関係になっているのですから言うなれば当然のことですね。

つきあっている最愛の相手が困っているのですから、相談を受ければなんとかして助けてあげたいと思うのは当たり前です。
それは、パートナーを大切にしてあげたいと思う気持ちからであるのはいうまでもありません。
悩みを打ち明ける側の心理状態はどうでしょうか。
パートナーが困るからと遠慮がちにいうかもしれません。
迷惑に感じるのではないだろうか…といったことも考えてしまうでしょう。そうなると、大変なことでもオブラートに包んでさらっと言うこともあるかもしれません。それでも相談されるほうは、遠慮なくなんでも本音で打ち明けて欲しいと思っているものです。
お互いを大切に思う関係であるからこそ、なんとしてでもパートナーの助けになりたいと考えているのです。
それこそが恋愛関係というものでしょう。
常に相手の幸せで屈託のない笑顔を見ていたいと思う気持ちこそが大切なのです。
他の誰でもなくて、頼られる存在が自分しかいないという責任感もあるのは間違いないですね。

投稿日:2018.06.13